将棋と食事の支度で、大笑いです

将棋と食事の支度で、大笑いです

夫と毎日将棋をするようになって、五日たちました。
やっと、駒の並べ方、駒の動き方が分かってきました。

 

桂馬の飛び方が違ったり、角の動きが、途中でずれてしまったり、歩を二つも置いたり、ミスが目立ちますが、私としては面白くて仕方ありません。
夫は、油断が出来ないと言いながら、駒の進め方を見張っています。

 

王手を三度したら、ド素人に王手をされたと言い、私を馬鹿にします。
少しづつですが、勝負する時間が長くなってきました。

 

まだ一度も勝ったことはありませんが、今日などは、夫を追い詰めた事が一回ありました。
それを、褒められて嬉しくなりました。
普段は褒めない夫ですので、なおさらです。

 

将棋を終えて、気分良く、夕食の準備に入ったのですが、並べた料理を見て、夫が噴出しているのです。
どうしてか分からなかったのですが、昨日味噌汁に入れた具が、今日は、同じ材料で、サラダに変わっていたからでした。
何品も作っている内に、そうなってしまったのですが、私まで思い出して可笑しくなってきました。
昨日の味噌汁を、夫が朝に飲もうとして、腐っていると言われたのを、私は思い出しました。