インターネット回線とモバイル回線の違い

インターネット回線とモバイル回線の違い

携帯やスマートフォンを持っている人は、インターネットをつなぐこと自体に対して違いを見出さないことがあります。

 

どういうことかと言えば、パソコンなどでネットを閲覧する場合とモバイルで閲覧する場合で、それが個々の性能の違いだと思ってしまうようなものです。

 

でも実際には、こちらのインターネット回線においてパソコンとモバイル回線にはかなりの違いがあると言えます。

 

大きな違いが出る理由の一つには、モバイル回線がデータ送信量のシステム的な部分でかなりの制限を受けることが挙げられます。携帯自体も小型化したことによってそのデータ通信を3G化したことは周知のことでしょう。でもそこからくるデータ量の小ささ自体はそこまで劇的に変わったわけではありません。

 

方式自体がパソコンでつなぐネットの接続に及ぶはずもなく、待機時間が明らかに携帯電話の方が長いとかいうことは経験則でもわかってくるものです。それは、そもそものネット通信のためのシステムが根本的に差があることに起因しているわけです。大量のデータを送るのに、モバイル通信では不十分だったり、場所によって繋がりにくいのもそのせいなのです。